遠隔地居住者による郵送仮申請

2021/7/27
パスポートの申請は、(ア)申請者本人、(イ)事前に申請者本人から委任を受けた代理人、(ウ)法定代理人(親権者)が当館へ来館いただくのが原則ですが、当館管轄地域にお住まいの方のうち、遠隔地にお住まいで、申請代理人が立てられない方の便宜を図るための例外措置として、事前に郵送で仮申請を行い、後日、当館領事窓口、または遠隔地で行う領事出張サービス会場においてパスポートを交付する仮申請制度を設けています。

 郵便での仮申請制度をご利用になってパスポートを申請する場合、通常の当館領事窓口でのパスポートの申請手続きと異なります。郵便での仮申請制度の詳細については、「旅券郵送仮申請要領」(以下からダウンロード可能)をご覧ください。また、パスポート申請用紙を郵送で入手希望の方はこちらをご覧ください。

旅券郵送仮申請要領のダウンロード

なお、パスポートの郵送による仮申請が認められている地域(遠隔地)は、以下の通りです。

・イリノイ州
レイク郡、マクヘンリー郡、ケーン郡、デュページ郡、クック郡、ウィル郡、ケンドール郡以外の郡

 ※レイク郡、マクヘンリー郡、ケーン郡、デュページ郡、クック郡、ウィル郡、ケンドール郡にお住まいの方は、郵便による仮申請の対象とはなりませんので、ご注意ください。

・インディアナ州
 レイク郡以外の郡

 ※レイク郡にお住まいの方は、郵便による仮申請の対象とはなりませんので、ご注意ください。

・ウィスコンシン州全地域
・ミネソタ州全地域
・ミズーリ州全地域
・カンザス州全地域
・ネブラスカ州全地域
・アイオワ州全地域
・ノースダコタ州全地域
・サウスダコタ州全地域