能登半島地震:当館での義援金受付について

令和6年1月22日
 令和6年1月1日に発生した石川県能登半島地方を震源とする地震(以下、「能登半島地震」)に関しまして、当館にて、以下の方法による義援金受付を開始しました。
当館にてお預かりした義援金は、後日、日本政府と日本赤十字社にそれぞれ送られ、いずれの場合でも全て能登半島地震の被災者に分配されます。
なお、当館でお受けした義援金につきましては、米国税法上の寄付金控除の対象とはなりませんので御留意ください。
 
1.小切手
(1)小切手の記載内容
  小切手の宛名:Consulate-General of Japan / NOTO
  メモ欄に 「能登半島地震支援:○○○○宛」 と記入して下さい。
  (○○○○は「日本政府」か「日本赤十字社」のどちらかを記入してください)
(2)郵送される場合
  郵送先:Consulate-General of Japan
     Attn:能登半島地震支援
     737N.Michigan Ave., Suite1100, Chicago,
     IL 60611
  領収書をご希望される方は、 その旨と連絡先を記したメモを同封して下さい。
(3)持参される場合
  小切手を在シカゴ日本総領事館まで直接お持ちいただき、11階受付において義援金を提供したい旨お伝えください。
  領収書をご希望される方は、その旨お伝えください。
 
2.現金
  現金を在シカゴ日本総領事館まで直接お持ちいただき、11階受付において義援金を提供したい旨お伝えください。
  その際、日本政府か日本赤十字社のどちらに送付を希望されるかお伝えください。
  領収書をご希望される方は、その旨お伝えください。
 
 
 
【ご参考】
   当館以外でも、多くの組織・団体が能登半島地震に対する義援金を受け付けています。ご参考までに日本国内および当地での災害義援金受入れ口座をいくつか下記にご案内いたしますが、その他の組織や団体に対して義援金を送付されることを妨げるものではありません。
 
1.日本国内における災害義援金の受け入れ
(1)石川県令和6年能登半島地震災害義援金(2024年12月27日(金)まで)
• 銀行名:北國銀行
• 支店名:県庁支店
• スイフトコード(SWIFT CODE):HKOKJPJT
• 口座番号:普通 103-0028593
• 受取人名:ISHIKAWAKENREIWA6NENNOTOHANTOUJISHINSAIGAIGIENKIN
• 受取人住所:1-1 Kuratsuki Kanazawa Ishikawa 920-8203 Japan
 
(2)日本赤十字社令和6年能登半島地震災害義援金(2024年12月27日(金)まで)
• 銀行名:三井住友銀行(0009)
• 支店名:銀座支店(026)
• スイフトコード(SWIFT CODE):SMBCJPJT
• 口座番号:普通 8727273
• 銀行住所:6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan
• 受取人名:Japanese Red Cross Society
• 受取人住所:1-1-3, Shiba Daimon, Minato-ku, Tokyo, Japan
• 受取人電話番号:+81-3-3438-1311
 
なお、上記口座は海外からの送金口座となりますので、日本国内口座から送金を希望される方は、それぞれ石川県HP又は日本赤十字社HPをご確認の上、お手続きをお願いします。
 
(3)NGOジャパン・プラットフォーム(JPF) 能登半島地震 被災者支援プログラム
https://www.japanplatform.org/emergency/program/noto_earthquake2024.html
 JPFは日本の国内外で緊急支援活動を行う40以上のNGOの連合体です。JPFは、1月2日、能登半島地震に対して緊急支援を実施することを決定し、支援金を受け付けています。
 
2.当地における災害義援金の受入れ
(1)シカゴ日本商工会議所
https://www.jccc-chi.org/en/2024-noto-peninsula-earthquake/
※2024年2月9日まで

(2)シカゴ日米協会(JASC)
https://jaschicago.org/ishikawa-noto-earthquake-fund/

(3)インディアナ日米協会(JASI)
https://japanindiana.wufoo.com/forms/noto-peninsula-earthquake-jasi-relief-campaign/